未分類

オリゴ糖と便秘の関係

オリゴ糖と便秘にはどのような関係があるのでしょうか。オリゴ糖と便秘の関係についてみていきましょう。

便秘まずはオリゴ糖の役割について知っておく必要があります。オリゴ糖は美容や便秘に効果があるといわれています。オリゴ糖は糖とついているように甘味料です。砂糖ほど甘くないけれど、甘さを感じるのがオリゴ糖です。またカロリーも砂糖よりもオリゴ糖のほうが低いことが知られています。

次にどうして便秘が起こるのかを知る必要があります。大腸の長さはおよそ150cmあり、消化の役割を果たしています。食べ物のドロドロになった残りかすが吸収されて固まりになり、そして便として排泄されます。健康な大腸は腸の運動によって便を送り出します。腸の運動が弱いことや排便のリズムが乱れていると便秘になりやすいことが知られています。そして腸内に悪玉菌が異常繁殖していると下痢や便秘の元になります。そこでオリゴ糖が必要になります。

オリゴ糖は便秘の原因になる悪玉菌を直接無くすことはできませんが、オリゴ糖を摂取することによって善玉菌を増やすことができます。善玉菌が増えると、腸内に存在できる菌の総数が決まっている関係で悪玉菌が減ります。そのことから直接悪玉菌を減らすことはできませんが間接的に減らすことが可能になります。

関連情報→→便秘の対策法_私の便秘は解消しました。

未分類

オリゴ糖の役割って何?

色々な場所で便秘対策にはオリゴ糖がいいと聞きますがオリゴ糖にはどのような役割があるのでしょうか。オリゴ糖について説明します。オリゴ糖は、特定保健用食品として認められています。オリゴ糖の役割はビフィズス菌や乳酸菌などといった腸内環境をよくするための善玉菌の栄養になり、そのことから腸内環境を整える効果が期待できます。

腸内腸内で善玉菌が増えれば増えるほど、その分悪玉菌が減り、結果的には腸内環境が改善されます。実際に腸内環境が改善されることによって便秘が減ることが知られています。腸内には住める菌の総数は限られています。そのことから善玉菌を増やすことによって悪玉菌を減らすことができるます。

オリゴ糖を摂取して身体の中の善玉菌を増やすことはできますが、短期間の間だけだと腸内環境が一時的に改善されるだけになってしまいます。できるだけ毎日継続してオリゴ糖の摂取をすることが大切になります

このページではオリゴ糖の役割について説明しました。オリゴ糖には腸内環境をよくするための善玉菌の栄養になり、善玉菌が増えることによって悪玉菌が減るということがわかったと思います。このようなことから、慢性的な便秘に悩んでいる人には腸内環境を整えるオリゴ糖の摂取がオススメになります。

未分類

健康食品で便秘を治そう

慢性的な便秘に悩まされている人は多いのではないでしょうか。実際に便秘に悩まされている人で色々なサプリメントを飲んだり、健康食品を食べても治らなかった人は多いと思います。便秘の原因はいくつもあり、普段からの生活習慣が原因で便秘になることもあれば、実際の食生活が原因で便秘になることもあります。当サイトではオリゴ糖を使った便秘の解消法について説明しています。

オリゴ糖たとえば、オリゴ糖の役割です。色々な場面で便秘の対策にはオリゴ糖がいいと言われていますが、オリゴ糖の実際の役割について説明しています。オリゴ糖はビフィズス菌など腸内環境を向上させるための善玉菌の栄養となり、そのことから腸内環境をよりよくするといった効果があります。お腹の中で善玉菌が増えるほどに悪玉菌の数が減っていきます。

またオリゴ糖と便秘の関連性についても説明しています。オリゴ糖がどうして便秘解消に効果があるのかは実際のオリゴ糖の役割を知っておく必要があります。また実際に便秘の原因と照らし合わせながらオリゴ糖の役割を知ることによってオリゴ糖が便秘に効くことがわかると思います。

実際に便秘を解消するためにはオリゴ糖だけに頼るのではなく、生活習慣を整えたり、食事の中に食物繊維を多く入っている食品を入れる必要があります。また水分を十分に摂取することも必要です。水分量が少ないことで便が硬くなる恐れがあります。オリゴ糖は便秘の改善に効果があります。当サイトでは慢性的な便秘で悩んでいる人のための情報を紹介します。